-- English --

講座・職員紹介




氏名 (職名)
専門分野
研究テーマ

電磁エネルギー工学講座:

本講座は,電磁エネルギーの高効率利用,有効利用の視点から, 新エネルギーを含む電気エネルギーの発生・変換・輸送・蓄積及びそれらの制御に関する分野の教育と研究を体系的に行う.
電力システム工学,電気-機械エネルギー変換機器,電気電子材料の基礎理論とその応用, 並びにパワーエレクトロニクスの理論とその応用に関する教育・研究を系統的に行うことにより, 今後ますます細分化,広域化の進む電気エネルギーシステムの総合的な教育と研究を行う.

金子 英治 (教授)
電力工学
変電,受配電用電力機器の設計・運用に関する基礎技術・現象の研究. 各種サージ電圧等の過渡現象の解析とそれらの抑制・制御技術の研究. パルスパワ等大電力エネルギーの発生と応用に関する研究. 電力アーク等の放電現象の解析と工業応用に関する研究.

千住 智信 (教授)
パワーエレクトロニクス
電力系統工学,エネルギー変換工学,電気機器,パワーエレクトロニクスに関する研究. 電力システムの最適化,電力系統の制御,電力需要予測,FACTS機器の開発,発電機ならびに送電線の最適設備計画, 風力発電・太陽光発電の賦存量評価,自然エネルギーの導入効果の評価,超音波モータの位置・速度制御, 各種電動機のパラメータ測定法,電動機の高効率運転法,共振型電力変換回路.

米須 章 (教授)
プラズマ工学
永久磁石を用いた電子サイクロトロン共鳴(ECR)プラズマの生成及び制御法の開発, マイクロ波放電を用いた大気圧非平衡プラズマの生成及び制御法の開発,プラズマ滅菌法の開発, 大気圧非平衡プラズマを用いたガス分解に関する研究.

浦崎 直光 (教授)
電気機器工学
永久磁石同期電動機を主とした交流電動機における数学モデルの開発ならびに各種電動機損失の算定法の開発. 交流電動機の高効率化および高速化のための制御手法の開発. 電動機ならびパワーエレクトロニクス機器制御に関するコンピュータシミュレーションの開発.

山本 健一 (准教授)
磁気工学
軟質磁性材料の磁化特性におよぼす応力効果に関する研究. 磁性材料の磁化機構と磁気特性改善に関する研究.磁気特性測定装置の開発.

原田 繁実 (准教授)
電力システム工学
電力システムの最大送電能力評価とその改善, 電力システムの安定性を考慮した最適運用(特に電圧-無効電力制御手法の開発), 分岐理論に基づく電力システムの解析.

下地 伸明 (助教)
計算機材料工学
電池材料の電子状態を第一原理計算に基づいて解析.

與那 篤史 (助教)
エネルギー変換工学
インテリジェントシステムを用いた自然エネルギーの 一定時間先予測手法の開発.特に風力発電機と太陽光発電設備の 短時間~長時間先発電電力予測.

| このページのトップへ |

電子物性工学講座:

本講座は,情報化時代のイノベーションの源泉である最先端のエレクトロニクス技術のさらなる革新を担い, 電子物性工学とそれを基礎とした半導体デバイス,超伝導エレクトロニクスの理論とそのプロセス技術, さらにそれらのマイクロ化技術(集積回路工学)をも支援する電子回路工学を基礎としたアナログ, ディジタル回路の設計理論についての教育と研究を行う.

野口 隆 (教授)
薄膜半導体素子
薄膜半導体素子の研究を目標. 現在,普及している薄型ディスプレイに重要な薄膜トランジスタ(TFT)に関連する要素技術, プロセス,材料を中心に研究を行なう.関連して,新しい半導体ナノ機能素子や材料, 沖縄の豊かな光エネルギーの有効利用として新しい薄膜太陽電池への応用も研究する. 現在の半導体,ユビキタスな時代においての生きた知識を習得し社会へ貢献できる人材の育成を目標にしている.

比嘉 晃 (教授)
電子物性工学
アモルファス炭素薄膜等の炭素系機能性材料の気相合成および物性制御に関する研究. 上記材料の電子デバイスへの応用に関する研究.CdTe半導体放射線検出素子の開発.

山里 将朗 (教授)
電子物性工学
a-C:H薄膜の作製と物性評価, CdTe半導体放射線検出素子の開発, 窒化炭素構造の創製

島袋 勝彦 (准教授)
集積回路設計工学
高速高集積演算回路の構成, 多値論理システムとその応用, 多値ハードウェア実現を考慮した剰余数系に基づく演算回路の設計とその実時間並列処理プロセッサへの応用, バレルシフタに基づく高並列剰余数演算回路の設計.

金城 光永 (准教授)
量子計算機工学
量子計算機の構成とそのエミュレータの設計・製作, 新しい量子計算アルゴリズムの開発,断熱的量子計算の改良と応用に関する研究.

景山 弘 (准教授)
有機エレクトロニクス
機能性有機材料の創製と有機エレクトロニクスデバイス(有機薄膜太陽電池,有機エレクトロルミネッセンス素子,有機薄膜トランジスタ)への応用

曽根川 富博 (助教)
誘導体工学
アブレーションプラズマを用いた薄膜生成,強誘電体薄膜・ セラミック薄膜の作製,薄膜の組成・電気特性の評価.

岡田 竜弥 (助教)
薄膜半導体素子
薄膜半導体素子に関する研究.

| このページのトップへ |

電子システム工学講座:

本講座は,制御工学,システム工学,情報伝送工学,光ファイバ伝送工学,通信工学,電気及び光計測工学, コンピュータサイエンス等を中心に,現代の幅広い電子システム分野を習得させ,その分野に必要な技術者を養成し, 無線通信技術者及び電気通信主任技術者の免許資格の取得もできるようにする.
また,現代制御理論,ディジタル制御理論を中心としたシステム制御技術,システムの設計, 運用評価に関する技術システムの情報を計測するセンサ技術,さらに通信システムの設計理論, コンピュータのハードウェアや非標準論理などに関する教育と研究を行う.

藤井 智史 (教授)
信号処理
信号処理(ニューラルネットワーク応用, アレイ処理),海洋レーダ,リモートセンシング

長田 康敬 (教授)
計算知能工学
多値論理,フォールト・トレランスシステム,論理設計,非同期システム.コンピュータアーキテクチャ.

比嘉 広樹 (教授)
医用電子工学
体内埋め込み型機能的電気刺激システム,生体信号の計測と解析,ヒューマン・インターフェース, 介護支援ロボットアームの開発,ウェアラブル・コンピューティング

長堂 勤 (准教授)
制御工学
ロバスト制御,H∞制御,モデル及び制御器の低次元化, ディジタル計算機による磁気浮上系の安定化制御,倒立振子の安定化制御.

野崎真也 (准教授)
画像工学
画像解析、放射線画像計測、可視化、統計解析.

半塲 滋 (准教授)
制御工学
非線形システムに対する安定化補償器, 状態観測器, 適応制御器やハイゲイン補償器の設計法などの研究.

齋藤 将人 (准教授)
無線通信工学
無線通信方式(マルチキャリア変調方式,スペクトル拡散方式),中継システムの伝送容量解析, 高信頼マルチホップ無線ネットワーク,無線を用いた位置検出法,FM多重放送の受信特性改善

宮城 加津也 (助教)
光計測工学
光ファイバ非線形測定技術,高非線形材料(ビスマスなど)を用いたフォトニック結晶ファイバの最適設計及び高精度評価, エルビウム光増幅器,ファイバラマン増幅器,誘導ブリュアン散乱を用いた分布測定など

長名 保範 (助教)
計算機アーキテクチャ
リコンフィギャラブルシステム,カスタムコンピューティングと計算科学への応用

| このページのトップへ |