教育目的

現代社会のさまざまな分野において,電気,電子,通信およびシステム工学の 貢献するところは極めて大きく,これらの学問分野から生まれた技術が現在の 高度技術社会の基盤を形成している.さらに,電気,電子,通信およびシステ ム工学は社会の産業発展の推進的役割を担う学問分野であり,常に新しい研究 開発とそれを支える人材の育成が要請されている.このような社会的要請に応 えるため,電気電子工学に関する基礎的な知識から高度の専門知識を備えた創 造力豊かな技術者,研究者を育成する。


学習・教育目標

  1. 電気電子技術者としての基礎学力の修得
    1. 自然科学, 数学といった技術者の基礎知識・能力を修得する
    2. 電磁気学, 回路理論, 電気電子計測といった電気電子工学の基礎を修得する
    3. コンピュータの操作とプログラミングの基礎を修得する
    4. データを正確に解析できる能力を修得する
  2. 電気電子分野の広がりの理解と専門的な課題に取り組む素地の獲得
    1. 電磁エネルギー工学分野に関する知識を修得する
    2. 電子物性工学分野に関する知識を修得する
    3. 電子システム工学分野に関する知識を修得する
  3. 幅広い教養と豊かな知性及び柔軟な思考力の修得
    1. 地域に根ざした歴史や文化, 多様な価値観を理解する
    2. 幅広い教養を修得し, 国際的・多角的に物事を考える能力を身につける
  4. 技術者としてのコミュニケーション能力の向上
    1. 論理的な記述, 口頭発表, 討論などのコミュニケーション能力を身につける
    2. 国際的なコミュニケーションを可能とする英語を中心とした語学力を身につける
  5. 技術者と社会との接点および技術者の倫理観および責任の理解
    1. 科学技術が社会に及ぼす影響を理解する
    2. 技術者に必須となる法規や倫理規範に関する基礎的な知識を修得する
    3. 技術者としての責任感を身につける
  6. 問題理解, 課題解決能力の向上
    1. 与えられた課題について問題点を理解する能力を修得する
    2. 現有環境や現有知識を有効に活用する能力を修得する
    3. 制約条件の下で問題点を解決するための計画立案能力を修得する
    4. 計画を具体的に実行する能力を修得する
    5. チーム作業における協調性と自主性について理解し, 実践できる能力を修得する
  7. 自主学習能力の向上
    1. 期限内に課題を仕上げる習慣を修得する
    2. 演習などをとおして, 自主的に調査・学習する能力を修得する